忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あれから何年経ったのか。あの頃私は今よりは輝いていたはず。昨日就寝中なぜか急に思い出した。そういえばウルトラセブンには平成につくられた一連のシリーズがあったということを。いわゆる平成ウルトラセブンと呼ばれる作品群のことである。ものすごい苦い評価をつけられることが多かったあの一連のシリーズ。ネット上でもあれは暴挙とまでいわれたあのシリーズ。

 そういえば当時の書き込みで印象に残っている文が、地下鉄のゴミ箱に買ってきたばかりのそれのDVDを捨ててきたというのをみたことがある。私はこのシリーズを否定するために捨ててきたと書いてあった気がする。とりあえずもったいないからやめなさいよ、と思ったもんだ。

 あれから何年経ったか。私もゴドラ星人登場(ものすごいうろおぼえ)の回以外はすべて見た。見事に印象が薄いわけである。やたらと難解だったことは確か。そういえば02年シリーズはSFではなくオカルトと言っていた人もいたな。とにかく懐かしい。そして完全にうろおぼえ。ここに私なりにシリーズ全体の乱暴な感想を書き連ねていくことにしよう。個人的に印象に残っている場面である。

 フルハシ隊員、腹なんとかならなかったのか腹。あの隊員服姿はなんか悲しい。

  「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」 これ旧ファンならあー言うと思ったという場面で使われていたな。絶対言うと思ったー、と当時やけに喜んだもんだ。それだけ名言なんでしょうな。

 なぜナースが飛んでいるんだ?(02年シリーズ)

 ウルトラ警備隊INコンビニ。それだけで斬新にみえたね。昭和のあのウルトラ警備隊が現代の代名詞コンビニにいるという絵だけでかなり斬新にみえた。そこで何をしていたかは全く覚えていないわけだけど。

 ものすごい乱暴な感想である。個人的には98年だったかのキングジョーが出てくるシリーズが一番おもしろかったと思うのだが。02年(だったか?)シリーズは勇気のある者だけみるべきだろう。どのシリーズも微妙につながりがあるのだ。ぜひ時間があるなら最初からみてみるのもいいだろう。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析