忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 宇宙刑事ギャバンのオープニングでギャバンは4度も振り返る。後ろ向きからこちらを4度振り返る。だからどうしたと言われればそれまでだが実際そんな光景があったらおもしろいだろうね。された方はまず腹が立つということになるのだろうか。どうなんでしょう。

 それにしてもギャバンの最初からマクー空間の回はおもしろい。どういう回であるかというと出演者も見ている視聴者も疲れるほどノンストップでアクションをひたすら続けるという回。次元の違う世界のイメージもひたすら逃げる烈もどちらもおもしろい。マクー空間、なぜか侍が多い。日本刀振り回してギャバンに襲いくる場面というが多い。

 ギャバン大変だよ。あの回は。でも見ていておもしろいんだ。マクー空間、もうなんでもありで自由という感じだ。いろんなイメージがあったが一番多いのはやはり侍。必見である。もう今じゃあのアクションはみられないだろう。

 シリーズをとおして改めて思ったが月子だけ見事に80年代の人。他はどんな姿でも宇宙人だからという解釈ができるが髪型からファッションまでこの人だけ80年代。当時の20代女子の普段着があれかとつくづく思う。とりあえず原色がスタンダードらしい。勝手に決めつけているが。けっこうサイケデリックなものが多い。あの服いまどこに行ってしまったのか。そんなどうでもいい疑問がつきまとう。

 逆に小次郎さんは違和感は少ない。チェック好き。私もどちらかというとチェック好きだが。つまり私と小次郎さんのファッションはどんな時代でも生きてゆけるということだ。ものすごい大きなこと言っているわけだけど。でも質素が一番じゃないか。イメージ変わらないからこそどの時代もくぐりぬけることができる。とりあえずチェック万能。
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析