忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 コバルトの空 まぶしい日差し 紫に燃える シルエット… さて、今回も意味なく最近聞いている曲を書いて始まる。ハローJP、僕が正義を信じられるのは…(いつまでやってる)

 さて、母の日か。特撮で母キャラといったら(何だそのジャンルは)思い浮かぶのはダイゴロウの母とウルトラの母だろうか。ここでは有名な後者をとりあげてみたい。

 初登場はウルトラマンタロウ。ウルトラマンタロウ誕生に関わる。その誕生シーンを今振り返ってみるとものすごい薄気味悪くはないだろうか。サイケデリックな色彩とともにかなり怪しいイメージで誕生している。神秘的とはとても思えないな今見ると。なんか怖い。当時の人にはどう感じられただろうか。

 タロウはウルトラの母の実子。ブルマァクのソフビのタグには堂々とウルトラマンタロウの母と表記されているものがある。ものすごい局地的な話題だけど。そこを間違えちゃいけない。

 そういえば今日はブルマァクのスタンダードサイズのアリブンタの両腕を上に振り上げて飾ってみた。こんな格好で飾っている人はいないだろう。もうアリブンタ自暴自棄という感じだろうね。これは。普通は両手を前にそろえておくのが正しい姿勢なのだろうが。前に腕をそろえると甲冑をつけてうつむき加減に座る武士のようであるな。その姿勢から両腕をそのまま羽につける状態にもっていくと今度は戦闘態勢のようになるのである。このように腕の状態だけでいろいろな感情を表現できるアリブンタのソフビ。すばらしい。 

 何の話をしてたっけ? 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析