忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 37年前の今日はアリブンタと地底エージェントが正面衝突した日。そんな印象がある。なんだよ、地底エージェントって。ギロン人の肩書きだが。それにしてもヤプール人ネットワークっていうのは宇宙仮面を含め正体不明な奴が多いな。そこらへんが薄気味悪い。個人的に超獣のデザインで許せるのはこのアリブンタまでだな。それ以降はゼミストラー、アプラサールを最低にどんどん劣化していく。だがその後はなんとかもちこたえていくように思う。

 今回は最終回をハックさんを中心にちょっと振り返ってみたい。この最終回、ハックさんはやけにしゃべるような気がする。そしてやけに目立つ。そしてちょっと空気読めない。ロボットだから読めなくていいのだが。緊急事態で全員押し黙っているときの空気読めない発言があった。

 「無限に挑む。 わーい、ぞくぞくするな。その近道はどこにあるんですか?」

 わーいじゃねえだろ。深刻な事態のときに。暴走少年ケンジとともに二大空気読めないキャラである。そこがおもしろいわけだけど。ケンジは目上の人の言う事聞いて戻ってこいよ。本当に人の言う事聞かない。

 「無限征服は人類の夢だ。」 そんなことをさらりというムナトモ博士が怖い。この時代人類は宇宙征服を狙っているのか。無限到達の間違いでは?

 プロメテウス星でくしゃみを注意されるハック。ロボットがくしゃみをするな。そして無限ゾーンへおちていくときの
 「あ゙あ゙ーーーーーーーーーーーーー。」と、まぬけ鼻声を発して落ちてゆくところが個人的におかしい。グッドキャラ。このまぬけ声で数々の殺伐とした空気を振り払ってきたわけだ。

 無限ゾーンでは一瞬屋外の本物の空が映る。なんか新鮮である。ずっとスタジオ撮影だったからな。長い映画を見終わり夢からさめた感覚がある。キャプテンが花を差し出す。ちょっと似合わないな。本当に。そして謎のエンディングを迎えて終了。なんかケンジの大暴走に全員巻き込まれた感じだな。それにしてもあの子ペコちゃんに似ている。そんな最終回感想。

 

 
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析