忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 残された ジェイピーカアアアアアドオオオオオ(紫狼伝説) 

 よくよく考えると滑稽。そんなに絶叫するほどのものだったかと重要アイテムだったかとリアルタイム世代でも思う。一応カラオケに搭載されているから歌うしかないわな。どちらかというとハローJPの方を歌いたい。


 華やかな高度成長の最終局面

 「帰ってきたウルトラマン」が放送される前夜、1969年から放送当時1971年を文化的世相面から検証してみよう。まず、ファッションでは「non‐no」が創刊され、前年に創刊された「an・an」とともに若い女性の消費マインドをリード、「アンノン族」という流行語を生んだ。また、中年層にはラコステなどのワンポイントシャツ、若者たちの間ではアイビーファッションが流行する中でジーンズも定着。サイケ、ヒッピーなど多様なファッションが混在する時代だった。魔法瓶や冷蔵庫、掃除機にまで花柄模様が流行したのも、この頃である。
 なお、スポーツではプロ野球で巨人がV7。高度成長と歩調を合わせるかのように9連覇という偉業の真っ最中でもあった。さらに、ボーリングも大流行した年である。林立するボーリング場に人々が詰めかけ、2時間待ちなどはザラであった。また、ブラウン管では数々の必殺技が登場するスポ根ドラマがブームを呼んでいた。

(DVD帰ってきたウルトラマン第9巻 特選コラム もうひとつの「帰ってきたウルトラマン」 「帰ってきたウルトラマン」の時代 文化編より)

 やはりラコステ流行っていたみたいね。(暇ならこのブログ内でラコステで前回記事を検索して欲しい。)サータンの回で坂田アキが着ている。これをみるとおそらく中年に限らず幅広い年代に流行していたみたいだ。シンプルでいい。
 そしてやたらと花柄。これも頷ける。ドラキュラスの回の少女の部屋の壁紙に緑色の菊の花のような模様が散らばる。けっこうデフォルメされていないリアルな花。当時の主婦だろうか、誰の要望を反映した模様だったのだろう。今となっては昭和レトロ模様となっている。私の記憶では緑・黄・オレンジのどれか一色のみでの花模様が多かった気がする。当時華やかかもしれないが今みると地味である。今あれを部屋の壁紙にするには勇気がいるだろう。というか存在するのか。あるところにはあるはず。

 そしてこの時代はボーリング。劇中で登場こそしなかったがその影響は垣間見れる。次回あたりにでも書いていこうか。 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析