忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 公害問題や脱工業化に揺れ、高度経済成長にかげりがみえはじめた1971年日本。それは暗雲たちこめる時代の曲がり角でもあった・・・。

「帰ってきたウルトラマンDVD第13巻特典映像のナレーションより」

 ウルトラシリーズにはその時代が生んだキャラクターというのが必ずいる。そんな時代を象徴しているともいえるキャラの中で個人的に気にいっているキャラを発掘してみようかと思っている。

 新しい(そうでもない)概念キャラ。怪獣でも超獣でも宇宙人でも怪人でもなくキャラ。そう呼ぶほうが彼らに愛着がよりわく気がするじゃないか。ぜひそんな呼び方を普及させたいもんだ。自分でも馴れてないわけだけど。あの怪獣いいキャラだよね、とかいう使い方がベストだろうか。

 上の特典映像をみていて気がついたがそういえば劇中で東京タワーを打ち倒した怪獣が地味にいた。名をノコギリンという。東京タワーを倒した怪獣というのはそうそうたる顔ぶれなわけでそうもいないわけだがその中でノコギリン。

 パーティ会場のそうそうたる顔ぶれの影にひっそりとノコギリン。会場に入れず係員に詰めより「え?俺も倒した倒した」って感じだろうか。真っ二つに折っていた。なんかかぼそい光線発射して。それなのに私たちの記憶から消えているなんて。その状態がおもしろい。探せばもっとそんな奴がいるかもしれない。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析