忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 青空に向かっているかの風船がゆっくりと上昇していく。そんな光景を昨日目撃した。何か印象的な光景だ。なんとなく何度も見返してしまう。まあそんなどうでもいいことで今回も始まる。

 さて、ウルトラシリーズでは時々奇妙な人種が物語の鍵を握っているということがある。それは誰か。占い師という人たちだ。どちらかというと心身不安定な役の方が多い。そしてどちらかというとうさんくさい。ステレオタイプな占い師のイメージだ。ざっと思いついただけでもウルトラQのカネゴンの回、ウルトラセブンのガブラ、ダンカンの回、帰ってきたウルトラマンのザニカの回など似たような人種は探せばまだいるかもしれない。どの人物も物語の鍵を握る。自らの占いや予知能力によって物語は動く。思えばおもしろいことだ。番組が標榜する科学、宇宙とは全く逆にいる人たちがなぜこんなにも取り上げられるのか。

 すべての科学力を有する怪獣警察が占い師という非科学的な存在に振り回されるという展開はとてもおもしろい。なぜ占い師が物語に必要なのかと疑問に思う展開も多くあるほど。宇宙開発時代になぜ出てくるか。なぜものすごい科学力を誇る宇宙人が占い師を介して一般人に自分たちの主張を伝えなきゃならんのか。不思議である。作り手側が占い師などの超常現象に神秘性を抱いているということだろう。科学では決して証明できないこともあるということを番組で主張したいのか。とりあえず科学のアンチとして存在するのがまず占い師という図式はとても興味深いことだ。今からの時代は出てこないだろうな。出す理由もないだろうがな。出しにくいというのもあるか。どんなに科学が進んでも証明できないことがある。それは人間の心。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析