忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[314] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 そういえば月光仮面第1部にも火焔魔というキャラが一瞬物語に出てくる。その名の通り火を吐いて月光仮面に襲い掛かる普通の人であったがあっという間に姿を消した。「火焔魔出現」という回もあるほどなのに。急流のように流れる物語中であっという間に消え去った。しかしモノクロ画面の中で火柱が立つという迫力があるシーンだったため(今の時代からみればそんなでもない)私の心の中に残っている。あのキャラはなんだったのか。

 そう、今回のウルトラマンAはファイアーモンスという炎の剣を振り回す超獣が出現した。やはり火を使った戦闘は見入ってしまうな。CGでは出せない迫力がある。炎の剣を円を描くように振り回すまぬけキャラ。迫力があるのだが火を使うとそのセットの薄汚さがより際立つという弱点もある気がするがまあそこはあまり気にしない。そして超獣のデザインのわけのわからなさ。戦闘途中でAは何と戦っているのかという疑問が浮かぶ。あまりにわけのわからないデザインで。そもそもヤプールなきあとは何と戦っていたんだろうね。それはやはりヤプールなのだろうか。

 宇宙人は人間体が派手に変貌するという珍しいパターンだったな。この人も変なわけだけど。子供がマンションから落下するという冒頭のシーンがそれほど意味はなかったが印象的であった。子供を助ける宇宙人が人間離れした能力を発揮するということを印象付けさせたかったのか。そういえばセブンも出ているのであるが本当に一瞬だったな。印象に残らない。そういえばAも一度倒されていたんだっけ。印象に残らないな。

 今回は物語の急流で忘れ去られたものというテーマでお送りしました。いや、特撮で火を使うと迫力があるということをいいたかったはずだが。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析