忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 特撮でおそらく製作側の意に反して笑ってしまう場面というのがときどきある。最近の私の場合はギャバン後半が多いのだが。

 例えば普通は感動するであろう「再会」でもいつも笑ってしまうシーンが存在する。ボイサーが投獄されるシーンである。あれは昨今のバラエティやコントを見ているとどうしてもボイサーが罰ゲームを受けているような感覚になるのだ。戦闘員に抱えられ投げ捨てられるように投獄される苦しみ溢れるシーンのはずなのに。あのシーンで笑ってしまうのは私だけだろうか。その後はもちろん感動するわけだけど。

 それから番組後半になると敵キャラクターであるダブルモンスターの紹介するためか名前が白字でテロップのようにでるのだがどうしてもまぬけにみえて笑ってしまう。ダブルモンスターは場面に突如登場して暴れまわるということが多い。それなのに律儀に名乗っているという感覚が。どうしてもまぬけにみえるのだ。これはわかりにくい感覚かもしれないが。それにしても名前出ても印象が薄い連中である。そうかこれがヨウカイダブラーか、と確認するまもなく暴れまわっているわけだから。やはりまぬけだ。

 電車に遅れるかもしれないからそろそろ。ではまた。

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析