忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 どうも。時間を無駄にすることが多い者です。大抵後悔します。それを繰り返して生きていくのだから困ったものですね。いつものように誰もそんなことは聞いていないわけだが。
 
 さて、93年といえばいろいろとあった。本当に激動の時代といってもいいくらい振り返ればいろいろとあったようだ。いろいろあったということを私は実感することができなかったようだが。そんな93年の特撮番組を今振り返ってみたいと思う。個人的に番組とはあまり関係のない印象に残ったことのみだ。番組内容はそんなに語らないだろう。いつものように唐突だ。

 まずはJP。日本郵政じゃない方。特捜ロボジャンパーソンである。おなじみ紫のロボット。ビルを背に銃を構える姿が印象的。このジャンデジックという名前の拳銃、シンプルなデザインでいい。特撮の拳銃というと奇抜なデザインが多いがこのジャンデジックはシンプル。まさに拳銃。レーザー銃か。光線を放つ。特撮の中ではウルトラガンとジャンデジックはいい。これぞ拳銃。誰がみても拳銃。シンプルでいいデザインである。敵に向かって構えてかなり映える拳銃だと思っている。特撮の中で構えて撃ちたくなる拳銃というのはなかなかないだろう。やはり重量感とスタイリッシュさが重要。キャプテンウルトラの光線銃は誰も構えたくはないだろう。長くなるので番組内容一切触れずここらへんで終わるわけだが。DVDが今年の12月発売だから楽しみだ。

 電光超人グリッドマンという特撮も93年放映。コンピュータの世界を舞台にした物語。それだけじゃわからんか。やたらとパソコンのキーボードを叩く姿、やたらとマウンテンバイクに乗る人たち、やたらと光る電線、やたらとあらゆるところに組み込まれているコンピュータというのが印象的な番組だった。グリッドマン、たしか左手を掲げて変身する。ウルトラマンとは逆。そう、このヒーローみためは偽ウルトラマン。そして後半になっていくにつれ戦隊のロボットのように重そうなメカを装備していく。そんな番組。そういえばこの番組の第1回放送のビデオをみたがオープニングが危ないくらい点滅するのである。たしか第1回のみだが。無駄にフラッシュが多い気がした。鑑賞の際には注意が必要だ。

 他には戦隊はダイレンジャーというのを放映していた。カセットテープでよく主題歌は聞いていた。番組はみた記憶がない。もうひとつは東映不思議コメディシリーズというものもある。この年だけで少なくても4つの新作テレビ特撮番組が存在していたということだ。今からじゃ考えられない時代であったな。今後そんな時代がやってくるのかどうか。今後特撮に期待するならば斬新なものがみてみたい。まったく新しいものを。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析