忍者ブログ
特撮とソフビと日常
[320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 どうも。火焔魔というキャラはへび使いでもあったようだ。芸人だったみたいね。それの一環として火炎を吐くということもやっていたらしい。何か懐かしい感じのするキャラだ。昔はこういう人物のショーが舞台で繰り広げていたわけだね。そんな月光仮面第1部どくろ仮面編の話である。

 それにしても後の特撮の基本がここにある気がする。ゆるいファンファーレで塀の上に姿を現す月光仮面であったりスパイであったりもちろん偽月光仮面というキャラも登場する。偽物の先駆けがここにあった。そしてやはり時代を感じる場面が多い。敵に尾行されている助手に尾行されていることを密かに知らせる祝十郎。助手はそれを撒くために角にいた靴磨きの少年に靴を磨かせる。

 58年、テレビ特撮で初めて靴磨きが登場した瞬間である。これ以降60年代前半のテレビ特撮番組には靴磨きというキャラが頻繁に登場することになる。それにしても時代だ。貧しい時代だったのだろう。新聞配達の少年なども劇中登場する。子供も一生懸命に働かなければならない時代だったらしい。当時でなければまずみない光景だ。それにしても靴磨きの料金はいくらくらいであったのだろうか。そしてもちろんテレビ特撮最後の靴磨きというのも存在するのである。一説には66年ウルトラQに出てきた靴磨きの少年がテレビ特撮における最後の靴磨きだという。靴磨き少年がいなくなったこの頃日本は豊かな国になったということだろう。

 今でも靴磨き屋というのは存在するらしい。最近テレビでやっていた。台に靴を履いたまま載せそれを磨くという昔と同じスタイルであった。革靴を鏡のように磨きあげることができるという。現在は少年ではなく中年の店員が靴を磨いていた。クリーニング店のように靴を預け後日取りに来るというようなサービスもあるようだ。現在でも日本のどこかで活躍しているらしい。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 21世紀の宇宙仮面]
[12/05 血潮]
[06/26 21世紀の宇宙仮面]
[06/26 musiba]
[05/05 21世紀の宇宙仮面]
最新記事
(01/31)
(12/31)
(11/30)
(10/31)
(10/27)
最新TB
プロフィール
HN:
21世紀の宇宙仮面
性別:
非公開
自己紹介:
主に特撮が好きな者です。よろしくおねがいします。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析